2018年3月の一覧

和歌山市 トラクター・バタコ引取り

こんばんは、今日はポカポカ陽気で「春が来た!」と思わせる一日でしたね。車でもクーラーをつけないと汗が噴き出してきました。今日の仕事はリピーターのお客様で和歌山市で農業を営むK様からのご依頼で何十年も前から納屋で眠ってるトラクターとバタコの引取り作業に行って来ました。朝8時にレンタカー会社にユニック車を取りに行き、9時から作業を開始しました。トラクターは全輪パンク状態でおまけにバッテリーも上がっており、スタッフ2人の人力では動きません。2トントラックにチェーンブロックを付けて引っ張り出し作戦でようやく吊れる所まで出し、後はユニック車の出番です。バタコは軽いので人力で十分動きました。2台の積込み作業も終り、納屋掃除をして終了です。

DSCN2182
昼からは紀三井寺でのツタの木の撤去作業の応援です。別の班が朝から作業中で壁一面にツタの葉が甲子園球場のように張りめぐっています。引っ張ると葉っぱはツルごしに簡単に取れるのですが、根っ子は外壁に食い込んで取れません!やっかいです。日が暮れてきたので今日の作業は終え家路につきました。

紀の川市 施設入所前の生前整理

こんにちはジェイプラスの山田です。久しぶりのブログ更新になってしまいました。3月に入り引越し前と後の不用品整理のご依頼が集中しており、スタッフ休み無しでご対応させていただいております。当社倉庫もリユース品でパンク状態で貿易会社へ運ぶのも大変です。この品々を見ていると日本はほんとうに豊かな国だと実感します、箱入りの贈答セット・寝具・家電製品・文具など新品です、また使っていた衣類・鍋・食器・キッチン用品・布団・毛布など全ての使用済み商品が、タイやフィリピンなどで喜んでリユースされています。極端に言うとボロボロの染みつき布団・毛布などもコンテナ輸送時の養生として使われていますので、引き揚げてきた不用品の約9割がリユース及びリサイクルされています。

さて本日の作業事例ですが、紀の川市に住むM様の妹さんからのご依頼です。電話でお話を聞くと一人暮らしの年配のお兄さんが持病で入退院を繰り返しており、一人暮らしにしておくのは心配なので施設でお世話になることになったようです。ご依頼内容は施設入所後の生前整理です、お見積りに行きますと立派な平屋建てのお家で4DKの間取りです。「一人で住むのはちょっと広すぎますね!」一部屋づつチェックしていきますが、お酒の好きな方で焼酎の紙パックが台所と居間に散乱していて食べかけのお惣菜がそのまま放置状態でした。体調が悪くなるとゴミを捨てるのさえが負担になりこういった状態になっていくのが普通です。

DSCN2043
DSCN2045
DSCN2033
見積り金額でOKをいただき作業日を決め、後日スタッフ4名で作業させて頂きました。

 

ニュースでも言っていましたが男性の一人暮らしが女性に比べて圧倒的に多いようで、年を重ねるたびに付き合いがへっていき孤独死の問題へと発展しているようです。この現象は都会が多く近所付き合いが無く、頼れる身内がいないなどです。

▲TOPへ