お知らせ

事件現場特殊清掃士

こんにちはジェイプラスの山田です。いつもブログを見て頂き有難う御座います!

今日は特殊清掃についてお話します。特殊清掃という言葉は最近テレビや雑誌などで取り上げられるようになり、皆さんもお聞きになった事はあると思います。ごみ屋敷の増加・孤独死の増加・自殺・他殺などの特殊で悲惨な現場での作業です。異臭が漂い、虫がわき、歩く事さえ出来ない現場は少なくありません。「誰もが入りたくない」・「掃除が出来ない」・「掃除の仕方がわからない」・「ご遺族で有れば精神的にまいっている」事で、誰かがしなくてはいけない作業なのです。とは言っても知識が無ければ何処から手を付ければいいのか解らないのが現状です。異臭除去であれば匂いの元を処分し消毒・消臭作業が必要になります、消臭にはオゾン消臭が一般的で酷い場合2~3日間消臭します(機械を購入しますと50万円以上 ファブリーズでは無理かな?)また孤独死現場は作業スタッフも危険にさらす恐れがあります。ご遺族からのご依頼ですと死因を聞けますが、大家さん・管理会社からのご依頼ではほとんど知らないのが現状です。その為感染症での病死を前提とした知識が無いと感染し、また家族・恋人までも感染させてしまう災厄な結果を作ってしまいます。事件現場特殊清掃センターでは「専門的な知識と対応」・「自己防衛」・「近隣・他者への配慮の気持ち」などを教育し試験に合格した者だけを事件現場特殊清掃士と認めています。
ジェイプラスでは、まず2名の特殊清掃士が現場に入り消毒・消臭作業を行い安全確保をしスタッフを増員します。

当店は月に一度ミーティングを開き、「遺品整理」・「特殊清掃」・「不用品・粗大ごみ回収」・「便利業」など現場での体験談・知識の向上・ひやりはっと・サービス改善などを話会い、地元に愛される便利屋をめざします。



山田次郎事件薮本浩次 事件
 

 

 

 

 

 

遺品整理士認定協会会員

こんにちは、ジェイプラスの山田です。今日は遺品整理についてお話します、

故人のお部屋の片づけ、清掃、不要品の処分などの遺品整理は、これまでご遺族の方の手で行われることが一般的でした。しかし、現代のライフスタイルにおいては、時間的にも人手の面でも、ご遺族の力だけでは支えきれないのが現状です。
我が国は、2030年問題として、超高齢化社会が進み、50歳以上の男性だと3人に1人は、未婚者になるという推計も内閣府より出ており、さらには、高齢者の2人に1人は、孤立死をする可能性があると統計も出ております。
ジェイプラスには2名の遺品整理士が活躍し、また3名が資格合格のため勉強中です。
自分をご遺族様の気持ちに置き換えて、写真・重要書類・人形など普通ではゴミとしか思わない物でも故人が大事にしているものが遺品となるのです。
その仕分け作業について遺品整理士協会では、遺族の気持ち・故人の思いなどあらゆるな事を教育し、試験に合格した者だけを遺品整理士と認めています。

山田次郎 遺品薮本浩次遺品  

 

 

 


遺品整理の事についてのお悩みはジェイプラスにご相談ください。

和歌山市の生前・遺品整理、不用品回収ならジェイプラスへ

和歌山市を中心に生前・遺品整理、不用品回収行なっているジェイプラスです。

本日よりブログや作業内容や実例を紹介していこうと思います。

何か生前・遺品整理、不用品回収などでお困りごとがあれば、お気軽にお問合わせくださいませ。

▲TOPへ